2015
05.28

タカラトミーがミニチュアリニアモーターカー「リニアライナー 超電導リニアLO系スペシャルセット」を発売

コラム

 タカラトミーは9月にミニチュアリニアモーターカー「リニアライナー 超電導リニアLO系スペシャルセット」を発売する。価格は35,000円(税別)。今回、銀座のイベントスペース「GAT」にてこの商品の発表会が行なわれた。


9月発売予定
価格:35,000円(税別)

スクリーンショット 2015 05 28 6 05 35

 「リニアライナー 超電導リニアLO系スペシャルセット」は4両で形成されるリニアライナー本体と、車体への充電や発進と停止、車体の速度を計測できるコントロールステーション、レールパーツ、橋桁、山梨の実験場をイメージしたトンネルと陸橋で構成されている。コントロールステーションにはACアダプターか、単3電池10本を使用し、車体には有線でバッテリー充電を行なう。30分の充電で、約20分の走行が可能だ。

 リニアライナーは「磁力浮遊」と「磁力走行」の2つのシステムで走行する。レールに取り付けられた帯状の磁石と、車両の四隅に搭載した4つの磁石を反発させることで、車両が2mmレールから上昇する。そしてレール中央と、車体中央につけられた電磁石を活用することで車体が進む。これは「高速磁気センサー」で「推進用コイル」を使うことで走行が可能となる。玩具のサイズは約1/90であり、スケール時速500km、実際の速度で時速6から7kmで走行できる。これはプラレールの数倍の速度だという。

 「リニアライナー 超電導リニアLO系スペシャルセット」は対象年齢は8歳以上だが、タカラトミーは60歳以上の“シニア層”も重要なターゲットとしてみているという。大阪万博など、リニアモーターカーに一番強いあこがれを持つ層が、本商品の購入者の40%近くがこの商品の購入層ではないかと予想しているという。この商品展開もシニア層を意識した車両を検討しているとのこと。追加のレールは、複線構造や切り替えポイント付きなども考えているということだ。

https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20150526_703780.html

 

これはかなり本格的なおもちゃだ!

子供用に買うのはかなり厳しい金額設定であるが大人なら買うだろう。トミカやプラレールが好きな大人もいるくらいだからだ。

ただ、自分が買うかというとこの値段は躊躇する。子供用と考えると、子供はおもちゃを雑に扱い、壊す可能性が高いため、とてもじゃないがこの金額は出せない。

果たして売れるんでしょうか?おもちゃ屋も大きいところは資本がありますが個人のおもちゃ屋は仕入れもしないでしょう。注文を受けたら仕入れられるという状況になりそう。あまりにも高すぎる。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。