2015
07.22

シベリアに謎のクレーター見つかる!メタン流出の恐れあり!?

コラム

先住民族ネネツ人の言葉で「世界の果て」を意味するロシア・西シベリアのヤマル地方。8日、高度100メートルを飛ぶヘリコプターから見下ろすと、地平線まで広がるツンドラの平原に、月面のクレーターのような巨大な穴が現れた。ロシアメディア以外では最初の現地取材だ。

 輸送用ヘリの操縦士が2014年6月、初めて見つけた。最寄りの拠点となる街から約400キロ離れ、トナカイ遊牧民がわずかに行き交う北極圏にある。

 地元政府の緊急要請でロシアの科学者が調査を始めた。穴は直径約37メートル、深さ約75メートルあった。その後、同様の穴の報告が相次ぎ、4個が確かめられている。

スクリーンショット 2015 07 20 9 45 50

https://www.asahi.com/articles/ASH7H4T21H7HULBJ009.html

 

ロシアはこういった巨大なクレーターみたいなものがよく見つかります。理由は天然ガスが豊富でそのガスが爆発した事から生じる巨大なクレーターではないかと言われています。

とんでもない破壊力ですよね。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。