2015
07.17

ザ・ノンフィクションで放送された地下アイドルに夢中になる中年男性を見た感想

コラム

日曜日の14時からフジテレビ系で放送されているザ・ノンフィクションで地下アイドルに夢中になる中年男性っていう番組が放送されており、ある意味、衝撃的でした。

スクリーンショット 2015 07 08 6 34 52

https://www.katamomi.jp/

 

中年男性もあれだけ熱狂的にファンになっていると給料の生活費を覗いて全額アイドルに使っているということでした。

まぁそうだよね。そうじゃないとあそこまでお金使って応援できないよなぁって思いました。

 

放送されたのは無名のアイドルだというカタモニ女子です。

メンバーが入れ替わり、アイドルとしての団体は存続しても在籍者は頻繁に卒業して入れ替わるようです。秋葉原ではこういったアイドルグループが多く、毎日イベントが開催されているようです。

 

放送を見て、そういう世界があるんだなぁと思いました。

放送を見て、全体的に気持ち悪い中年オッサンが如何にもオタクで映像に写っているという感じはなく、みんな見た目は普通で若い人のオタクという人々とは随分と違うところがありました。

 

なるほどなぁ。楽しい時間だから頑張って応援するという感じみたいです。

仕事して稼いで、自分の使いたいことにお金を使うわけですから全然、悪いわけではなく、とくに放送を見て悪い点はなく、好感が持てました。

 

親戚の子で30歳を超えてもニートや頻繁に続かないアルバイトを転々として年間で100万いや30万円も稼げない身内がいます。

そういった身内が多い世の中です。

そういったニートと比較すると自分で仕事をして、お金使ってるんだし、生活も自立して偉いよなぁ・・・。って見る目が変わります。

無気力、人と関わるのが恥ずかしいから仕事しない。仕事してもすぐにうつ病になりやすい。って言う方がほんとうに困ります。

 

自分で自立して自分のお金で好きな事に時間を使うオタクなら、立派だなぁと思えてしまいました。身内の人もそれくらいになってくれればいいのにと思いつつ・・・。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。