2015
03.05

コアラが一部の地域で増えすぎたため間引きされていたことが判明

コラム

オーストラリア南東部ビクトリア州で2013~14年、野生のコアラが生息域に対して過剰となり、一部が飢餓状態に陥ったため、数を減らす目的で約700匹がひそかに安楽死させられていた。

スクリーンショット 2015 03 05 12 29 49

コアラは入植者が毛皮のために捕獲し、20世紀初頭までに数が激減。特定のユーカリの葉しか食べず、開発で生息地が狭まっている。保護団体によると、全国で推定10万匹を切り、絶滅の可能性も指摘される。ただ一部地区では数が増えすぎ、調整が必要との指摘もある。

https://www.sankei.com/world/news/150304/wor1503040023-n1.html

 

コアラは間引きされたりするけど、カンガルーは害獣として定期的にハンターによる狩猟が行われています。

実際、オーストラリアではカンガルージャーキーなどが普通に販売されています。

 

オーストラリアしかいませんからねぇ。コアラは。

コアラはゆっくり動きます。おしっこをしたい時は木から降りてきますがゆっくりです。

お腹にはカンガルーと同じく袋があり、そこに子供を入れます。 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。