2015
12.16

クルマにサイドミラーは必要ない?小型カメラの普及でミラー廃止が話題に

コラム

 自動車を運転するときに欠かせないミラー(鏡)。最近では、トラックのリヤ(後部)などをドライバーが運転席から把握するために「カメラ&モニター」が使われていたり、ミラーの代替ではないしても、ドライバーからは死角となる車体の反対サイド下側などはカメラで映すことができるようになっています。

逆にいえば、これまでドアミラー(サイドミラー)などについては、その機能をカメラで代替することはできませんでした。法律上認められていなかったからです。
PAK25 kinokagekarahyokottoyubiwosasu500
 しかし、国土交通省が「道路運送車両法」で定めている保安基準を改定、2016年6月からクルマのミラーすべてをカメラとモニターで代用できるようにする方針であると2015年11月、毎日新聞が伝えました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151213-00010003-norimono-bus_all

 

私も自動車を乗るようになって思うのですがサイドミラーでもいいように思えますね。

大型車両は死角が多いのでもっとミラーを欲しいと思います。ワゴン車など7人乗り程度でも小型カメラの普及はお願いしたいです。

 

ただ、ミニクーパーなどの小型車の場合はミラーが小さくてよく見えにくいという問題もあります。

あれはあれで小型カメラがあればいいのかというのは疑問です。スピードメーターすらデザインで車体中央にありますからね

とんでもない作りです。慣れると気になりませんが・・・。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。