2015
12.23

クリスマスに子供にプレゼントするランキング常勝1位のゲームが転落した!!

コラム

 クリスマスは学べるおもちゃをプレゼント? 玩具メーカー「バンダイ」のインターネット調査で、親が子に贈る今年のクリスマスプレゼントは「知育玩具」がトップとなり、長く首位だった「ゲームソフト」を初めて抜いた。

 調査は1995年から毎年実施。今年も11月、12歳以下の男女各400人と、その親を対象に調べた。

 「親から子へのクリスマスプレゼント」は知育玩具(13・5%)が初の1位で、昨年まで13年連続トップだったゲームソフト(13・1%)は2位だった。ぬいぐるみ・人形・フィギュア・ロボット(10・4%)▽車玩具(7・8%)▽絵本・本・図鑑(7・0%)と続き、6位のブロック・パズル(6・5%)は昨年の11位から急上昇した。

 担当者は「少子化で、遊び相手が友達より親という未就学児が増えたという結果もある。家の中で指先を動かして脳に刺激を与えたり、言葉や数を1人で学んだりできるおもちゃが、親子にとってありがたいのではないか」と話す。同社の商品でも、室内で水を使わずに砂遊びができるおもちゃや、タブレット端末に似た操作で文字や計算、英単語などが学べるおもちゃなどが売れているという。

 プレゼントの平均予算は6512円(昨年比393円減)。価格帯では「5千円以上、6千円未満」(48・0%)が最も多く、次いで「1万円以上、1万5千円未満」(18・3%)、「3千円以上、4千円未満」(12・3%)だった。(宮坂麻子)

 PHM15 0455

https://www.asahi.com/articles/ASHDL4GTSHDLUTIL02Y.html

 

この記事を見て、我が家がそうだって思いました。

ゲームやおもちゃを買わないで公文式のパズル買ったり、図鑑買ったり、親が遊びと学習を一緒に教えられるものをよく買います。幼児だからと言うのも理由ですけどね。

室内で水を使わず砂遊び出来るおもちゃは凄く良さそうだと思いました。

親にとって学習に繋がるおもちゃは買うけど、単にバカそうなおもちゃやゲームは買わなくなったという傾向があります。

まさにそういう世代の子供を持つ親としてはこの分析は事実ですね。

 

自分もゲームで育った世代ですが全然、ゲーム買わなくなりましたね。欲しいとも思いません。仕事で疲れているのでそういうのを休日にしたいとも思わなくなったのが理由です。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。