ガソリン価格はそろそろ底打ち、今週から値上がり始めるのではないかと言われています

コラム

経済産業省資源エネルギー庁が12日発表した9日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は、前週(2日)と比べ80銭安い133円50銭。29週連続の値下がりで、過去最長記録を更新した。133円台となるのは約4年2カ月ぶり。

 前週まで8週連続で全47都道府県で一斉に値下がりしていたが、高知と山口は横ばいとなった。

 世界経済の減速懸念や米国のシェールオイルの生産増などを背景に昨年秋から急落した原油価格は、底打ちの気配が出始めている。元売り各社が卸価格を引き上げるようになったため、調査を行う石油情報センターは「今週は値上がりに転じる可能性がある」とみている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150212-00000541-san-bus_all

 

ガソリン価格が随分と急激に下がりましたが再び上がりそうな予感です。

消費税も8%に増税され、消費が何となく負担が高まってきました。円安もあり、ちょっと何かを買うと今まで以上に割高ですよね。

先行きが見えない世の中です。年金も不安ですし、雇用も不安です。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。