2015
04.21

ガソリンスタンドの廃業が止まらない。ガソリンスタンド過疎地が問題化する

コラム

全国のSS数は、ガソリン需要の減少、後継者難などによって減少し続けている。これに伴ってSS過疎地域も増加している。市町村内にSS数がゼロの地域は前年度末から2市長村増えて10市町村、1か所が3市町村増えて66市町村、2か所が15市町村増えて96市町村、3か所が2市町村増えて111市町村もある。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150415-00000034-rps-bus_all

2015 02 06 16 34 53

ガソリンスタンドって10年くらい前に法改正があり、もっと設備投資をしなければ継続するのが難しくなったんですよね。

それで自分の代で廃業にしようという自営業の人が増えました。

ガソリンスタンドはこれだけクルマが走っていますがセルフ式など低価格競争が激しくなり、大手資本じゃなければ採算が合いにくい状況に陥っています。

 

新たにガソリンスタンドを新設する動きは今のところほんとうに少なく、廃業の方が多いです。

過疎地も出来るよなぁと思ったわけです。

バブル期はすごかったなぁ。自分でクルマをメンテナンスするのが好きという理由で整備屋を始める人もいたり、中古車販売をやったり、板金屋で食べていくとか出来たわけですからね。

それだけクルマって世の中に大量に溢れており、定期的に故障したり、擦って補修したり、車検をする必要がありますからね。

損保業界も最近は自動車儲からないと言っていたからなぁ・・・。時代の変化ですかね。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。