カーナビが売れない!20代の3人に一人はスマホのナビタイムで十分とか

コラム

20代は内蔵型カーナビを使う割合が少ない一方、「スマートフォン」「外付け型」と回答した割合が、どの世代よりも高い。運転を含め、多くのシーンでスマホを使いこなす若者が多いことも要因だろうが、内蔵型カーナビより圧倒的に安くすむのも大きな理由だろう。外付け型の人気が高いのも、同じ理由かもしれない。「スマホをカーナビとして使っている」割合は、20代で34.8%と3人に1人以上、30代(26.9%)、40代(27.1%)、50代(24.1%)と、20代が最も高かった。「外付け型」も、20代(27%)では3割に迫っている。次いで30代(24.2%)、40代(19.1%)、50代(17.4%)の順で、若い世代ほど高かった。ちなみに、回答者全員に対し「おすすめする自動車関連アプリ」を尋ねた結果、1位は「グーグルマップ」、2位は「NAVITIME」、3位は「Yahoo! カーナビ」だった。

https://economic.jp/?p=52391

 

カーナビって売れなくなっているよなぁ。買うだけならいいけど、地図を更新する負担が意外に割高なんですよね。

スマホなら常に最新の地図だし、意外にナビタイムなどを使うとそれだけで十分カーナビになってしまいますからね。スマホの維持費が高いですし、出来るだけ節約したいという心理もあるでしょう。

 

地方のタクシーに乗ると、カーナビが付いているタクシーもあれば個人でスマホ検索し、それをナビにしている人もいます。

東北地方はいまだにカーナビが付いていないタクシーが多いですね。タクシーを使うと場所がわからないとあたふたする人が多くて困ります。

 

遠出して駅周辺を調べるなどよくあると思いますがそれくらいの利用ならスマホの地図とGPSくらいでいいんじゃないかって思えること多いですからね。事実、カーナビ価格ってかなり安くなりましたよね。

安くなりつつある程度のシェアを持つ大手以外は売れていない現実があります。どんどん難しくなる市場でしょうね。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。