2015
06.23

カツオ漁が苦戦。最大の要因は周辺国に支払う入漁料の大幅引き上げ

コラム

太平洋の南方海域で操業する日本のカツオ・マグロ漁船が、コストの上昇にあえいでいる。最大の要因は周辺国に支払う入漁料の大幅引き上げだ。巻き網漁船に続き、来年から、はえ縄漁船の入漁料も上がる見通し。この海域は、かつお節原料となるカツオの一大供給地で、漁業者からは「このままでは操業が困難になる」と悲鳴が上がる。

スクリーンショット 2015 06 23 6 25 31

 日本の巻き網船は従来、水揚げ高の5%程度を入漁料として払ってきたが、8カ国は2012年に操業日数に応じて入漁料を課す共通方式を導入。12年は1日当たり最低5000ドルだったが、14年は6000ドル、今年は8000ドル(約98万円)に値上げされた。海外まき網漁業協会(東京)によると、1隻当たりの負担は導入前に比べ4~5倍に膨らみ、年間支払額は約2億円に上るという。

魚価の低迷、海外の大型船との競争、燃油コストの上昇と遠洋漁業者を取り巻く環境は厳しさを増し、業界団体などは政府に入漁料の補助などを求めている。水産庁は「直接支援は難しい」(幹部)との立場だが、巻き網船の規制緩和や経営規模の拡大などで生き残りを後押しする検討を始めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150621-00000033-jij-bus_all

 

カツオ漁のコストは厳しい物があるんだなぁ・・・。

かといってこのケースだとかつお節を中国で加工して輸入とかになるんでしょうね。価格が高騰すると国産よりも輸入加工品が増えそうな気がします。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。