2016
01.25

オーパーツと言われていた古代の遺産が次々に珍しくないものと判明!水晶ドクロはダイヤモンド研磨剤だった!?

コラム

オーパーツと言われており、宇宙の神秘とか宇宙人説、超古代文明など色々言われてきましたが最近になって全然、凄くないという事が言われています。

 

例えば古代の飛行機と言われていたこの物体は近所の魚を表現したものだったらしいです。

スクリーンショット 2016 01 25 6 16 51

古代の一人乗り宇宙船と言われていたものは見方が横ではなく、縦に見るものであり、トウモロコシなど、特に目新しいものではありませんでした。

スクリーンショット 2016 01 25 6 16 58

マヤ文明の作った技術すら不明と言われ、何世代も水晶を磨いてきたと言われていましたが昨日の世界ふしぎ発見でまったく新しい新事実が出ました。

 

オーパーツとして人気の高い、ロケット型の首飾りや、丸い球、そしてこちらの「水晶ドクロ」ですが、なんとここにきて「ガセねた」である可能性が高まってきました。もともと当時のマヤ文明の技術ではこのような精巧な掘削技術はないとされていたので怪しい話だったが、本日放映のテレビ番組で確定した。

スクリーンショット 2016 01 25 6 17 17

本日1月 23日のTBSの番組「世界ふしぎ発見」の中で、水晶ドクロがどこで作られたのかという検証を行っていた。すると、番組内では「マヤ文明」「アステカ文明」などの時代に作られていたのではなく、なんと最近1900年代にドイツの「イーダー・オーバーシュタイン」で作られていたことが明らかとなった。

理由としては、電子顕微鏡で見てみると「ダイヤモンド研磨剤」で削った跡があり、その削り跡と、その街で作られている水晶の製品とぴたりと一致。

マヤ文明説は否定され、オーパーツとしての存在価値を失った。

参照元:世界ふしぎ発見
https://www.tbs.co.jp/f-hakken/bknm/20160123/p_4.html

 

【悲報】オーパーツの「水晶ドクロ」すべて偽物と確定!マヤ文明時代のものはウソ!

 

電子顕微鏡で見ると、ダイヤモンド研磨剤で削っていることが分かったということです。

誰だよ!!古代マヤ文明で何世代も何世代も布で磨いてきたって言った奴は!?

 

宇宙人とか古代文明とか自分たちが学生だった時代にへんてこな話が蔓延していましたが文明が発展し、そういったものはなにもないということが段々と分かってきました。それはそれでいいのですがそうなると死後の世界とか幽霊っていうのもないんじゃないかと言われています。

死ぬのは怖いですね。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。