2015
05.29

オーストラリアでコアラが増えすぎたため、注射器で大量に殺処分するらしい

コラム

オーストラリア南東部ビクトリア州政府は今週にも、一部地域でコアラが増え過ぎて餌が不足する恐れがあるとして、コアラの「間引き」や不妊手術を施す計画だ。保護団体の豪コアラ基金は「残酷だ」と反発している。
PAK86 yabainomicyatta20131223500

 今年3月、州政府がコアラ約700頭を致死注射で処分していたことが判明。極秘に処分したことを批判されたため、今回は方針を事前に説明した。好むユーカリの種類が異なり、別の森へのすみ替えは難しいという。
 一方、豪コアラ基金は、コアラの過密化とユーカリ不足は「60年以上に及ぶ(保護政策の)失敗が原因」と批判し、殺処分中止を求めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150526-00000095-jij-int


コアラも増え過ぎたら、注射器で殺処分ですか・・・。

自分が注射器で殺処分されるとしたら、かなり嫌な気分です。今回のこの事件ですがイルカやくじらの捕鯨を禁止している動物愛護団体シーシェパードがオーストラリアという事実です。

自国ではコアラをこんな目にあわせているのに動物愛護団体というのは、どうして自国には活動をしないんでしょうかね。


動物愛護団体という名の過激派と言われていたりもしますね。

シーシェパードはナスカの地上絵を破壊したり、結構、問題にもなっています。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。