2015
07.08

イギリスで開発している人工血液がかなり実用的レベルまでになっているらしい

コラム

イギリスの国民保険サービス(NHS)が、人工血液の実用化に向けた臨床試験を2017年までに開始すると発表した。
NHSは、これまでも成人ドナーの骨髄から採取した幹細胞を赤血球に変える研究を長年に渡り行ってきた。が、今年に入り、人間に輸血できる品質と安全基準をクリアしたことを受けて、本格的な臨床試験に踏み出すことを決めたという。

https://news.livedoor.com/article/detail/10307920/

DSC03539 

人工血液が問題なく使われるようになると感染症問題などがなくなるようです。

血液とは保存も半年くらいしか出来ないため頻繁に献血が必要です。

そういった事が必要なくなるため人工血液はかなり期待されています。

 

人間の血液ってDNAレベルで複雑に色々あるわけですし、人工血液でどこまで再現できるのか気になるところですね。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。