2016
09.28

アラフォー女性の40%は非正規という衝撃

コラム

アラフォー(35歳~44歳)の独身女性で雇用されて働いている人のうち、非正規の人数も割合も、年々、増えています。2005年には24万人・27.9%でしたが、10年後の2015年には、79万人・41%と、人数は3.3倍、割合は1.47倍になっています。今後、このような女性は増えそうですね。


昨年、横浜市男女共同参画推進協会がネットを通じて35歳~54歳の260人を対象に調査したところ、この人たちの生活はなかなか厳しい様子がうかがえました。
現在の就業形態は、「契約・嘱託(28.7%)」、「派遣社員(23.4%)」、「パート・アルバイト(20.3%)」、「非常勤(10.3%)」、「業務請負等(14.2%)」「その他(3.1%)」でした。
非正規で働いている理由で最も多かったのは「正社員として働ける会社がなかったから(61.7%)」でした。仕事に関する悩みや不安としては、「収入が少ない(82.4%)」、「雇用継続(解雇・雇止め)の不安(59.4%)」が1位・2位を占めました。

da-318001

◆アラフォー非正規独身女性の生活は、今も将来もつらい!? 

仕事に対する悩みや不安の1位「収入が少ない」とは、どれくらいなのでしょう。150万円~250万円未満が39.8%、150万円未満が28.4%。合わせて、約70%の人が250万円未満でした。これでは、今の生活も厳しいでしょうし、老後の生活費のための貯蓄も厳しそうです。それに、厚生年金に入っていないか、入っていても収入が少ないので公的年金も比例して少なくなります。


足元では、人手不足でパート・派遣社員の雇用情勢はよくなっています。時給も上がっています。しかし、その状態がずっと続くわけではありません。やはり、手に職をつける、専門的な資格を取るなどの手を打つべきです。
今後、職場にはAI(人工知能)が導入され、単純な事務職はAIに取って代わられる可能性があるそうです。AI恐るべし…です。ですから、AIにはできないような資格を取得する、技術を身に着けるなどでキャリアを積み上げて収入を増やす、あるいは正規雇用を獲得するようにした方がいいでしょう。でないと、老後の年金を増やせないですし、貯蓄もできないですよ。

 

https://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20160925-00000003-argent-column

 

収入がない人が高齢化していっていますね。

非正規は確かに多いです。昔の男女雇用均等法が出来たばかりのキャリアウーマンという言葉が出来た時にバリバリに正社員になった女性がアエラなどの雑誌で意見が強いですよね。

ブランドを大量に買って大量に消費してフェイスブックにいい生活をしていると投稿して・・・。

 

でも、そういう女性ばかりではなく非正規も増えています。

そういう人は細々と堅実に生活していたりするんですよ。キャリアウーマンがアラフォーのドラマになり、知名度が上がりましたがそういう人は少数派です。

圧倒的大多数のアラフォーが非正規で高齢化していきます。厳しくなりそうです。

コメント

    • 駿一
    • 2016年 10月 11日

    アラフォー女性の多くは結婚して更に出産を経験していたために職を離れていた人が殆どで、その後子育てが一段落してパートとして復帰している人が大多数なわけだから何も驚くことないでしょ?そこは考慮してないのか?まさかそれを知らないということはないよね?多分統計にあると思うけど。本当に世間知らずだね。投資家かどうかは知らんが、金融・投資については専門だからか知識はあるようだけど。他は出鱈目ばかりでまったく話にならないな。専門外のことは発言しなくて結構!

  1. この記事へのトラックバックはありません。