2015
06.24

アメリカのグリーンバンク望遠鏡では電波を遮断するため、TVもスマホも使えない楽園になってるらしい

コラム

アメリカのある地域には一切の電波を遮断し、携帯電話やラジオの使用が禁止されている街が存在します。一見すると不便で現代人にとって住みにくい街ですが、その街に「電気製品を長時間使うことで電磁波を浴びた身体が過剰反応を起こし、目がかすんだり頭痛やめまいが起こったりする」という電磁波過敏症を患う人たちが集い、静かな争いが起こっています。アメリカ・ウェストバージニア州のグリーンバンクは「電波のない街」として知られています。ライターのEd Cummingさんが2015年3月上旬にグリーンバンクを訪れたところ、街に近づくにつれて車内のラジオの音は徐々に消えてホワイトノイズに変わってしまい、携帯電話の電波も圏外になったとのこと。

スクリーンショット 2015 06 24 6 14 59

Cummingさんが持つラジオや携帯電話に電波が届かなくなった原因は、グリーンバンクの街にあるアメリカ国立電波天文台(NRAO)のグリーンバンク望遠鏡です。ブルーリッジ山脈を背に建設されたグリーンバンク望遠鏡は、星、星雲、超新星などを観測するための電波望遠鏡で、星の発するわずかな光をとらえるために、望遠鏡が誤作動を起こさないようにあらゆる電子機器を遮断しているというわけです。街では電子レンジや電気毛布に至るまで、規格を満たさないさまざまな家電製品の使用が禁止されているとのこと。

グリーンバンクの街中には他にもアメリカ国家安全保障局(NSA)の運用する望遠鏡が設置されており、電波が遮断されているおかげでグリーンバンクは電磁波過敏症(EHS)に苦しむ人々にとっての楽園となっています。電磁波過敏症は世界保健機関(WHO)の診断基準が作られておらず、病気として明確に認められていないのですが、過去10年間に40人ほどの電磁波過敏症患者たちがグリーンバンクに移住したそうです。人口は百数十人ほどで、街に到着したCummingさんはグリーンバンク市内唯一の大通りを歩きながら、「街は望遠鏡を中心として、学校、教会、図書館、工房、ガソリンスタンド兼スーパーマーケット、公衆トイレ、レストランなどが建っている小さな街だと分かりました」と語っています。

https://gigazine.net/news/20150623-green-bank-town-ban-wi-fi/

 

自主的にスマホやパソコンを出来るだけ使わないようにしています。

仕事が忙しく、パソコンで作業をフル作業で一日行い、挙句の果てに通勤電車でスマホを操作していると首の疲れから頭痛がしてきます。自分の意志でそういうものは極力やらなくていいものなのであえてやらないようにしなければいけません。

 

自分の生活にはスマホは必要でもタブレットは必要ありませんでした。特に枕元にタブレットを置いて寝る習慣は最悪です。

夜中に目が覚めるとタブレットを操作する。寝る前もタブレットを操作する。これだけで相当な疲労になっています。しかし、タブレットで見ているものは差ほど重要ではないくだらないニュースやまとめサイトだったり、ネットショップを見たり、何度も同じページを見たりと非常に効率悪い行為です。

電子機器から遠ざかる事は今の時代本当に重要です。健康と疲労に大きくつながってきます。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。