やっと中学受験のロードマップが出来てきた。本当にお金も気力もそこに投資する時間も大変

コラム

小学校1年生の中学受験計画をようやく目処が出来てきた。自分が受験問題を解いて、問題集を吟味して何がいいのか探したところ、Z会の中学受験コースを3年生から6年生の秋までやるのが一番いいと思った。

3年生は、国語と算数だけ、4年生は4教科、5年生も4教科、6年生は算数と国語だけ。Z会を選択するのは四谷大塚の予習シリーズよりも早く5年生が終る段階で義務教育の6年生までを完了できるからだ。6年生は受験対策をひたすら実施したい。

塾専用のドリルを小学2年生用に購入したのが栄光ゼミナールの新ジュニア演習やジュニアトレーニングです。これが結構な価格なのですが塾に通う方がもっと高いのでと1万円くらい奮発して買ってしまいました。これが完全に失敗。塾で学費もかなり取るのでサピックス並みの授業かと思えば教科書レベルだったのです。これなら市販ドリルで教科書ワークを買って、Z会のグレードアップとか市販教材を買っても全然変わらなかったです。

2年生の勉強も最終的にはトップクラス問題集や最レベル問題集を解けるようにしたいわけです。漢字練習も何だかんだで低学年はダイソーの漢字練習やセリアの漢字練習で十分です。完全に失敗。市販のドリルよりも5000円くらい割高に払ってしまった。途中でこれはまずいと上下巻で販売されている栄光ゼミナールの教科書ですが上巻だけで買うのを止めました。

四谷大塚ははなまるリトルくらいしか販売していないし、こんなことなら本当に市販品で良かったです。

ネットの口コミを見ても市販ドリルでもいいものは出ています。うまく吟味して買うしかありません。我が家の場合、新品でドリルを買ったのも失敗の一つです。ある程度のドリルならメルカリで中古品が沢山売られています。

中学受験のドリルはメルカリで中古を買うのが一番安いです。それで色々見てみるといいのです。

6年生までの問題は一通り買うことが出来ました。スタディサプリの動画が必要なのかはまた考えたいところです。要約、1年生で6年分のロードマップが出来ました。逆算して勉強をしていかなければいけません。自宅学習でも数十万円の出費が掛かります。中学受験は受験するだけでもかなりの出費です。

しかも親である自分のメンタルが受験が近くなっても問題ないのかが気になります。これだけお金を掛けて6年間計画して大勝負を仕掛けるわけです。しかも1日、2日で人生が決まるわけです。凄まじいプレッシャーです。

中学受験をする人としない人では小学校の学習が全然違います。本当に大変です。まだ1年生なので年齢を2年、3年、4年と突入すると又違ってくるでしょう。

 

1年生の勉強を10月中に終らせ11月からは2年生の算数と漢字の勉強に突入です。早めに義務教育レベルを3ヶ月で終らせて徹底的にトップクラス問題集に突入できるようにしなければなりません。中学受験組は2年生でかけ算どころか割り算まで突入しますからね。

それに3年生で英検5級の受験を目指すため、英語の準備もぼちぼち始めます。理科と社会もZ会のさきどりを選んで2年生のうちに大枠をやっておきます。作文練習も毎日、点線図による図形や規則性のパズルも毎日やっています。1ページ5分くらいで終るので毎日15ページから20ページくらいの学習になります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。