ほらやっぱり、中年ニートが増加傾向じゃないか

コラム

「中年ニート」120万人、統計に表れない無業者

 経済協力開発機構(OECD)が29日に発表した日本の「ニート率」は10.1%(2015年時点)で、OECD平均の14.7%を下回っていた。30日発表の4月の有効求人倍率は約43年ぶりの高水準で、ニートから脱して仕事を探そうとする人も増えているとみられる。ただ、OECDや日本政府の調査対象からは外れている“中年ニート”は約120万人とされ、人数は増加傾向にある。

https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ30HEJ_Q7A530C1000000/

 

これ昨日、自分が指摘した内容です。自分世代がこの就職氷河期世代になります。中年ニートが沢山います。これが高齢化し中年ニートになっているため政府の統計から漏れているという指摘をしました。まさに日経新聞が指摘している内容です。

この世代は残念な世代です。就職は出来ないのに増税で年金も減額され、世代間でのギャップは酷く、忘れられた世代になっています。話題になることもありません。一生中年ニートを続け、老齢ニートになり、歴史からも社会からも抹消されるでしょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。