こんなものを食べてばかりいるとハゲになるという食品はそれ以前に生活習慣病のもとに

コラム

ハゲは遺伝子だと自分は思っているのですが頭皮が薄くなっていくのは遺伝ではなくストレスである気がします。

しかし、これを食べていると禿げやすいというものがあるようです。この食品は食べるとハゲ以前に癌や脳卒中などの生活習慣病から最悪は寿命を縮めるような病気にもつながる食べ物です。

私はすべての人がこれらの食べ物を避けるべきだと思っています。

 

■1:ラーメン

ほぼすべての男性の大好物とも言える、ラーメンですが、じつは薄毛の原因になりやすい油分を多く含む食品の代表格。ほぼ毎日ラーメンを食べている男性もいますが、せめて週1回程度に抑えるようにしてもらいましょう。

もちろん、カップラーメンもよくないことはお察しの通りです。

■2:ダイエット食品

短期間で痩せようと、こんにゃく麺や春雨スープばかりを食べている男性も要注意です。ただでさえ少ない栄養がまず身体にいってしまうので、頭部にまで栄養が行きわたらず、発毛サイクルが滞ってしまいがちです。

■3:食べ放題

ブッフェやバイキングが大好きで、なおかつ元を取ろうとする男性も危険です。結果的に食べ過ぎて、内臓に負担がかかり、そこに栄養がいってしまい、頭皮に栄養がいかなくなってしまいます。

■4:お酒

お酒はストレス解消や血行促進効果もあるので、絶対悪ではありませんが、やはり飲みすぎはNG。たくさん飲んで肝臓に負担がかかると、髪の生成に欠かせないタンパク質の合成が妨げられてしまいます。

■5:スナック菓子

油分だけでなく、血行を悪くし発毛へ悪影響を与える食品添加物が多いスナック菓子も、ハゲにつながる要注意食品です。スナック菓子1袋をペロリと食べてしまうようなカレには、頭髪について少しアドバイスをしてあげたほうがいいかもしれません。

https://netallica.yahoo.co.jp/news/20131115-00103629-menjoy

 

何がいけないかというとスナック菓子などは典型的で油が酸化するのが最悪なところです。

アルミコーティングされた袋に入っているものカップラーメンなど全部、酸化に係るものですし、油であげてあります。これが時間とともに酸化劣化しており、これだけでもカラダに悪いです。

それ以前に使われている材料も化学調味料だらけでまたまた悪かったりします。すべてを避けるべきですね。そうなると健康的に生きるには自炊しかないんですけどね。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。