2016
03.16

おぼっちゃまくんがコロコロアニキで復活!

コラム

 1990年代に一世を風靡(ふうび)した小林よしのりさんの大ヒットマンガ「おぼっちゃまくん」が、「コロコロアニキ」(小学館)で復活することが15日明らかになった。同日発売の5号には「20年以上のときを経て…完全新作描き下ろし」と予告されており、7月15日発売の同誌6号に掲載される。

「おぼっちゃまくん」は、世界有数の超絶大金持ち・御坊(おぼう)家の一人息子・茶魔(ちゃま)のとんでもない日常を描いたギャグマンガ。「ともだちんこ」や「そんなバナナ」「すみま千円」などの「茶魔語」が流行し、小学生のあいだで人気となった。

 6号では復活を記念し、マンガ以外にも特集ページが組まれる予定。

https://mainichi.jp/articles/20160314/dyo/00m/200/041000c

おぼっちゃまくん おはヨーグルトBOX [DVD]
おぼっちゃまくん おはヨーグルトBOX [DVD]

 

コロコロアニキではかっとばせキヨハラくんが連載されていましたが急遽、休載になりましたからね。

この関係でおぼっちゃまくん復活ですか。小林よしのり先生はおそまつさんのようにおぼっちゃまさんを連載しても良いということを言っていたような・・・。

 

もうすぐ40歳の中年ですが小学校時代にコロコロコミックやコミックボンボンを買っていました。

読んでいましたよ。こういったコロコロコミックのマンガを・・・。懐かしいですね。

 

そういえばミニ四駆も流行っているとか・・・・私もミニ四駆をしていましたが如何に速く走らせるのかという改造とガチャンガチャンとコースを高速で走らせるのでどうしても消耗品になります。ミニ四駆って実はかなりお金がかかります。

ミニ四駆だけではなく、RCだって色々なものが消耗品になります。一緒にやる人やコースがないと面白くないため、結局のところ、我が家では中古のグランツーリスモ5を購入することに・・・ラジコンやミニ四駆を買うよりもレーシングゲームの中古を買うほうが安い現実があります。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。