2015
10.23

『娘になった妻、のぶ代へ~大山のぶ代「認知症」介護日記~』は必読だね

コラム

認知症で闘病中の女優、大山のぶ代さん(82)。闘病を支える夫で俳優、砂川啓介(78)が生々しい介護の壮絶な現実を、23日発売の著書『娘になった妻、のぶ代へ~大山のぶ代「認知症」介護日記~』(双葉社、1300円+税)で激白した。

 2012年秋に大山さんが認知症と診断されてから、砂川が記録し続けている2700日に及ぶ介護日記をもとに、“老老介護”の壮絶な実態をつづっている。

娘になった妻、のぶ代へ 大山のぶ代「認知症」介護日記
娘になった妻、のぶ代へ 大山のぶ代「認知症」介護日記

大山さんは、砂川やマネジャーらごく親しい人しか分からなくなるほど認知症が進んでいる。衝撃は「ほら、『ドラえもん』やってるよ-。僕がこう声をかけても、カミさんの反応はほとんどない」(本文より)とつづるように、大山さんが「ドラえもん」の声をやっていたことも分からなくなっていることだ。

 さらに“徘徊”“失禁”“幻覚”など、これまで明かされていなかった大山さんの認知症の生々しい現状も明かす。

 「便は床にこびりついて上手に取れない…。ついに、カミさんに大人用紙オムツをはいてもらうことにした。当初、彼女は嫌がって、オムツを脱いでしまうことが多かった…」(同)

 終わりのない介護は、砂川に死すら思わせることもあったという。「いっそ、このまま、ペコ(大山さん)を道連れに死んでしまったほうが、ラクなのかもしれない…」(同)

https://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20151019/enn1510191531015-n1.htm

 

これを見るとかなりの認知症だということが分かります。

この本は是非読んでみたいですね。老々介護って自分には縁がないとは言えません。認知症、徘徊、失禁と他人が想像できるような簡単なことではなく、かなり辛いと思います。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。