2015
08.31

「FREETEL Simple」の初回ロットが不具合多いと話題に

コラム

通話とSMSに特化したストレート端末「FREETEL Simple」が続々と到着しているようです。予約段階で即完売したことでも話題の製品。

「FREETEL Simple」はau以外のSIMであれば利用することが可能であり、価格は6000円と、リーズナブルな端末。

期待されていた製品ですが、現時点での評価は微妙なところ。SMSが受信できない不具合や、端末の蓋がパカパカなどといった欠陥商品が数多発送されているようです。

スクリーンショット 2015 08 31 6 27 40

 

新型のiPhone6Sが9月9日に発表されると噂されていますがiPhone6S Plus 128GBは価格が13万円になるのではないかと言われていますね。

スマートフォン1台が安価なノートパソコンよりも高いです。13万円だと高価なノートパソコンが購入できてしまいます。

 

スマートフォンやタブレットが高性能化しても所詮パソコンよりもできる事が多いわけではないですからね。13万円は自分の中では手が出ない価格です。5万円でも高いです。

スマートフォンやタブレットは35000円くらいが自分の中の相場です。

 

そんな時代なのでガラケーみたいなシンプルさで本体価格が6000円、通信費も節約できると言うことで発売スタートからあっという間に完売した「FREETEL Simple」はauのSIM以外は何でも刺さるようです。ガラケーがボロくなったので買い換えようと言う人もいるようです。

 

この「FREETEL Simple」の初回分を注文した人に本体が届いたようです。

その完成度が粗悪品過ぎてネットでは様々な話題が掲載されています。SDカードが開閉するところがガバガバだったり、本体がカラカラ音がなったりと完成度が非常に低いようです。

今後は改善されると思いますが通信費と本体価格が安いガラケーは本当に人気ありますね。

 

さすがにスマホがどんどん高価価格になりすぎです。SONYのXperiaだってスマホが1台10万円しますからね。本当に高いです。

こんなに高いのに1年、2年で買い替えサイクルになり、買い替えをするのが当たり前になっていますからね。例えばバッテリーの劣化などです。

強制的に毎日使って1年、2年で寿命が来る製品が1台13万円。独身の人ならいいですけど、家族がいる人はスマホだけで30万、50万円の出費になりかねませんね。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。