2016
03.20

エプソンの株価が急落。アナリスト予想以下の中期計画を嫌気

投資分析

エプソンは、17日に中期計画を発表。しかし、アナリスト予想よりも成長期待が落ちるという理由で8%まで急落しました。

決算発表ごとに好成績を上げてきたエプソン株が予想もせず、下落です。

スクリーンショット 2016 03 20 6 13 17

株というのは難しいですね。

決算が悪化すれば売られるのは分かるのですがかなりの好成績の業績を残しても期待以上ではなかったというので急落します。

アナリスト予想というのが曲者です。アナリストがどれくらい過度に期待しているのかなんて個人投資家の情報ではなかなか分かりません。なので機関投資家の方が圧倒的に情報で有利に立てます。

 

アナリスト情報で有利なだけではなく、証券会社はレーティングという技を持っています。

これを操作し、株価を下落させたり、釣り上げたり出来ます。個人投資家がこのようなことをすると、証券取引法違反になりますがプロがやると違反になりません。

 

この様な条件だけで見ても個人投資家が如何に不利な条件下で株式投資をさせられているかが分かると思います。

株なんてやらない方が人生幸せですよ。毎日、株価を気にして、新聞も株価を意識して見て、夜も眠れなくなったり、早朝に目を覚ましたりすることもありません。

 

 

個人投資家が株で儲けられない理由は、もう一つあります。

利益を伸ばすことが出来ず、損失は伸ばしてしまいます。そうじゃなくても利益は税金と手数料が取られます。損失は手数料が取られます。かなり条件的にも不利になります。こういったことも個人投資家で損失を抱えている人が多い理由でもあります。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。