ウォーレン・バフェット氏、後継者はグレゴリー・アベル氏(52)で、もう1人はアジット・ジェイン氏(63)

ウォーレン・バフェット

「投資の神様」と呼ばれ、市場に大きな影響力を持つ米著名投資家ウォーレン・バフェット氏の後継に注目が集まっている。バフェット氏は投資会社バークシャー・ハサウェイを50年率いて数々の投資を仕切ってきたが、いまや84歳。「現役を退くのでは」との観測が広がってきた。

 同氏は1965年に繊維会社だったバークシャーの経営権を取得。電力や保険会社などを次々と買収し、従業員約33万人の巨大企業グループに育てた。一方、コカ・コーラやアメリカン・エキスプレスなどに長期投資し、ヘッジファンドと異なる手法で巨額の利益をあげ、評価されてきた。

 今回、後継の話題が広がったのは、バークシャー社副会長が2月28日、バフェット氏の後継候補2人を示唆したことがきっかけだ。1人は同社のエネルギー部門を統括する幹部のグレゴリー・アベル氏(52)で、もう1人はアジット・ジェイン氏(63)で保険事業をとりまとめる幹部だ。

https://www.asahi.com/articles/ASH353JHSH35UHBI013.html

 

実際に最近の投資はバフェット氏が選択したものではないというのも話題ですよね。すでにかなりバトンタッチが進んでいる状態です。

バフェット氏が投資する石油会社エクソン・モービルなども最近の原油安の影響で大幅に株式を売却し、処分しています。

バフェット氏は永遠に株式を保有すると言われていますが長期保有している銘柄はウェルズ・ファーゴやアメリカンエクスプレスなど一部の銘柄です。多くの銘柄はタイミングを見て買って保有し、数年で売り抜けています。

 

IBMにも大型投資をしましたがこちらはうまくいっていません。

最近のバフェット氏の投資はリターンが悪いものが増えている気がします。本当にそろそろ世代交代なのでしょうかね。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。