2014
01.29
スクリーンショット 2014-01-29 20.02.42.png

任天堂が1250億円、1000万株を上限とした自社株買いを発表

会社四季報

任天堂が第3四半期決算を発表し、通期業績を250億円の赤字であることを発表しました。これは既に発表されている材料なので株価には影響がありませんが、1250億円を上限とした1000万株の自社株買いを同時に発表したのが今回の材料です。

 

これはプラス材料でしょう。

スクリーンショット 2014 01 29 20 02 42

日経新聞では、任天堂がスマホ向けゲームの開発に本格的に今年は着手すると報道していました。任天堂は即日で正式な報道ではないと否定しましたが、仮にマリオなどを公式ソフトとしてスマホに提供すれば確実に無料ダウンロード1位になるでしょう。

 

しかし、任天堂ではハイビジョン対応のゲームでも苦戦するほど、最近の最新環境についての社内ノウハウがなさそうです。

スマホ開発で、どこかの会社を買収でもすればいいのにと思います。

それでスマホ市場に参入してくれば株価は一気にストップ高になるのも間違いないでしょう。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。