2014
11.29
2014-11-29 11.35.17.jpg

自分が子供時代はこんなに転売する人や子供のおもちゃを買う大人はいなかった

コラム, デフレ

自分が子供時代は、ミニ四駆やビックリマンシール、ラーメンバー、ガムラツイスト、ドキドキ学園などのシール入りのお菓子が流行った。

ビックリマンは流行っていて、なかなか買えなかった割には小学校高学年になる頃には結構なシールの枚数が家にあったものです。

継続的に買っていたんだなぁと思います。

 

ミニ四駆以外にもBB戦士というデフォルメのガンダムや元祖SDガンダムなど2頭身のガンダムが流行りました。キン消しのようなガチャポン戦士というのも流行りましたね。

2014 11 29 11 35 17

流行ってはいましたけど、今みたいに大人が子供のおもちゃを夢中に一緒になって買うことはなかったです。

子供のビックリマン買う為に親が朝から駄菓子屋を調べて並ぶなんて想像もできません。しかし、昔は今ほど流通がしっかりしておらず、個人の雑貨屋で買い物をしていた時代です。ビックリマンなんていつ入荷するか分かりません。

 

ミニ四駆だって個人のラジコン模型を売っていた模型店が販売の主役でした。

ダッシュ四駆郎が流行り、ダッシュ1号皇帝(エンペラー)は欲しい人がいっぱいいましたね。アバンテも人気が出ました。

でも、大人が買い集めるということもなかったです。

 

今の時代、子供がいない大人でもおもちゃを買います。

自分用に買う人もいれば収入が少ないため、副業として転売を行っている人もいます。そういう人があまりにも増えていると思います。

買われる理由に転売目的というのが昔よりも増えました。転売してもほとんどお金になりません。アルバイトする時給よりも安いです。ですがそういうことを大人が積極的に時間を浪費してまでやるほど、日本の景気は悪くなったとも言えます。

 

DX妖怪ウォッチ零式なんて転売しても3400円で仕入れて、5500円で売れればいいほどです。そこからAmazonの利益が取られて2割減りますから純利益は1000円です。Amazonは2割の手数料ですがヤフオクは5%の手数料です。

これでも1825円です。一人一個の購入制限があり、時間を浪費してもこれだけしかなりません。アルバイトの時給3時間よりも劣ります。しかし、これを積極的にやる大人が増えました。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。