バフェット氏率いるバーシャーハザウェイ50週年を迎える

ウォーレン・バフェット

ウォーレン・バフェット氏が率いるバークシャー・ハサウェイは50周年を迎えます。

著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる米投資会社バークシャー・ハサウェイは2015年、同氏が経営権を握ってから50周年を迎える。優良企業への投資や大型買収などを通じて、長期間にわたり高い成長を続ける同社は時価総額で米企業で5本の指に入る巨大企業に発展してきた。「投資の神様」とも称される同氏が次の半世紀をどのように見据え、新たな戦略を打ち出していくのか、投資家の注目を集めそうだ。
 バフェット氏は、繊維会社だったバークシャーを1965年に買収。同社はその後、アメリカン・エキスプレスやコカ・コーラなどの企業への投資に加え、保険会社や事業会社などを買収して拡大。従業員数33万人の巨大企業グループに発展した。同社の株式価値はこの間、年平均20%成長し、米株価指数S&P500の伸びを2倍上回る実績を残してきた。
 米経済の発展とともに成長してきたバークシャーだが、バフェット流投資は相場の不振時に真価を発揮するとされる。15年は連邦準備制度理事会(FRB)の利上げが想定され、米株相場が不安定になるとの見方が多く、同氏には好機になりそうだ。手元現金は9月末で623億ドル(7兆5000億円)まで積み上がっており、「新たな分野の買収に動く可能性もある」(保険業界アナリスト)との指摘も出ている。
 一方、今年85歳となるバフェット氏にとって最大の課題は後継者問題。同氏引退後は、会長と最高経営責任者(CEO)、最高投資責任者を分担する体制への移行が有力視される。米メディアによると、バフェット氏は14年末に幹部らに対し、「バークシャーの評判を守ることが最優先課題」と強調しており、投資や経営の手法をいかに継承していくかが問われそうだ。

http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20150102-00000013-jijnb_st-nb

 

日本企業には間接的に一部投資をしていますがそれ以外はまったく日本企業には投資をしていないバフェットです。

バフェット氏の資産は多くはバークシャー・ハザウェイの株式になっています。

 

そのバークシャー・ハザウェイは株式を大量に保有していると言われていますが実際は50%も株式に投資をしておらず、常に現金と債権を大量に持っている状態を維持しています。

そこで常にどこかで市場は不安定になるため、その時に同氏は積極的に投資に動きます。ただ、この積極的にというのが米国株であり、日本株でない点が注目されるところです。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。