2013
08.16
2

ダウ平均が225円も暴落し、今日の日経大暴落

コラム, 投資分析, 長期投資

連日、日経平均の動きは凄まじいがボックス相場の中にあるとずっと言っていました。13300円から14400円の範囲で日経平均は1日250円~480円の荒い値動きで推移するに違いないと書いていましたがどうやら、そのようになっています。

 

しかし、昨夜のダウ平均の値動きはこのボックストレンドを崩した可能性も否定できません。

2為替は、昨日だけで見るとあまり動いていません。

ですが97円と円高よりです。場中で日経平均は下がれば同時に為替の影響も受けるかもしれません。VIX(恐怖)指数をみると13%も悪化しています。

ダウ平均は225ドルも下落しました。ここまで1日で下落するのは久々です。原因はウォルマートなどの決算悪化です。

1シカゴ日経へ永金先物を見ると13550円まで日経平均は下落しています。9時は、この価格にさや寄せする形で下落するでしょう。

その前日も日経平均は下落していましたので、数日間で大きく下落します。場中も1日の値動きも荒く、短期売買でレバレッジを効かせたETFなど信用取引でさらにレバレッジを高めると先物取引と同じようにレバレッジが高まります。このため、損失も拡大する恐れがあります。

短期売買ではかなり、個人投資家の精神を痛めつけるでしょう。

日本株の保有は、これから先長期的に個人を苦しめるように思えます。私の考えでは貯金から投資へというのは体のいい言い訳に思えます。

過去に日興コーディアルも倒産危機になるほどインサイダー問題が浮上した時期がありました。

東証のシステムも証券会社の自己売買部門は専用回線を引いて遅延ゼロで気配値も個人が見る範囲以上にすべて見ることができます。

個人は何かをすれば風説の流布、相場操縦などで逮捕されます。ですが外資系、国内機関投資家はすべて個人から違法行為でむしり取っている状態です。

 

人生がうまくいっていないサラリーマンが株をやる

これは資格ビジネスと同じで、いまがうまくいっていないので自分を変えたい。サラリーマンをやめて自由になりたいという心理にうまく作用している様に思えます。サラリーマンがそこそこの資金でそこそこの売買を仕事の合間にやって勝てるような市場ではありません。ですが統計的に負けると言うだけであって、ごく一部の人はラッキーで勝ちが続くでしょう。総合的にはコツコツ儲けて昼飯代などを小遣い稼いで新車が1台買えるくらいあっという間に損を拡大します。

 

あなたが大損するまでが株式投資のストーリーの途中です。

 

遠足は家に帰るまでが遠足というように損をしてから取り返そうとムキになり焦りから人生のドツボにはまるのが株式投資です。

日本株なんてやらずにネットバンキングのボーナス時期の高金利を狙って定期預金にでもしておく方がいいです。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。