2013
11.08
1

欧州中央銀行の利下げ発表でユーロ大暴落。個人投資家の壮絶な悲鳴が地獄絵図

投資分析, 為替, 長期投資

ユーロ大暴落!!

個人投資家涙目。いま2ちゃんねるの市況版2が地獄絵図と化している。

 

FXはハイレバレッジでしかも投資する元金が何をする目的のお金なのかでそのすさまじさが違う。

 

なんと奨学金の借金をFXで増やそうとした人もいるようである。奨学金の借金を大学などの学費に使うことはなく、FXの担保にし、これを25倍のレバレッジでユーロに投資をしていたのである。

ロスカット水準があるため、損失は自動的に限定されると言われているのだが・・・。

1

2

ユーロ圏の為替が凄まじく動いている。原因は欧州中央銀行(ECB)の利下げである。

一気に発表後、大暴落した。

 

FXは自動ロスカットがあり、大暴落すると自動的にロスカットする水準が設定よりも大幅に下になる。処理が追いつかないからだ。

さらにFX業者は実際は、そこまで下落していないのにそれ以上にロスカット位置を変化させる。

これにより個人投資家はさらに損失が拡大する。

 

この2ちゃんねるの住民は、ロスカットがあるため損失は最大34万円で損切り出来るはずだと思い、奨学金を担保にFXに全額ハイレバレッジで挑んだのである。

これがあっという間に損失になり、-467万円の損となった。

 

奨学金がすべて消え、奨学金という借金は残り、さらにFXの借金まで出来たのである。もちろん、奨学金を借りるような状態なので返せるわけはないだろう。

進学も完全に無理になっただろう。

 

信用取引などで個人投資家は失敗する人はこの様に莫大な人数が存在し、多くは人生を狂わせる。それほどハイレバレッジを借金で借金をする投資家がいる。

自分が実際に会ったことがある人では兄弟や親のクレジットカード枠でキャッシングをして、このお金で信用取引を2階建てで半端ではない借金で投資をしている人がいた。

この人は運が悪く、投資で成功は出来なかったが、ごく希にこれでも何度も投資で成功し、1億円まで到達する人もいるのである。

 

1000人同じ状況の人がいれば、確率的にそういう人が自然に生まれるのは数学を勉強した人ならば簡単に分かるだろう。

こういうラッキーなだけの人が1日100万円稼いでさらに3ヶ月で1億円にした僕の投資法なんていう本を出すのである。

 

自分はまったくFXなんてものには関わらず、投資もしていない。

この大暴落で地獄絵図になっていようが、「そうなの?へー。利下げ。ヨーロッパも景気悪いね」程度で済んでしまうのである。

 

投資しないで現金主義最強なのである。こういうことは定期的に発生する。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。