2013
09.27
2

日本の法人税を復興税を廃止し、減税決定か!?日本株は大幅に上昇傾向が鮮明に

投資分析, 為替, 長期投資

日本株全体がいま勢いを増している。

配当の権利落ち日の下落を半日で吸収し、上昇してしまった。これはすべて法人の復興税を廃止する方針と政府が発表したためである。

消費税が増税されるが法人税を引き下げる。その第一弾として、復興増税を廃止、9000億円の減収となるが他で補う。

 

これは個人の復興増税が廃止されるわけではなく、個人は来年1月より、復興増税で住民税が増税される。

消費税も予定通り、来年4月より8%に引き上げられる。

 

シカゴ日経平均先物

シカゴ日経平均先物の15時引け後からのチャートを見ると、急激に上昇していることがわかる。

これも法人税引き下げが原因である。

為替は98円後半であるが、この勢いでダウ平均がさほど崩れることがなければ、来月10月には日経平均は15000円を突破。

 

来年は今年の5月の高値を一時的に超える可能性も出てきた。

2 

 

今日のシカゴ日経平均先物は、14945円である。

場中で15000円突破になるかが焦点になる。一時的にも超えることがあるような気がする。

1

いま日本株はすごい勢いがあり、連日、東証マザーズ、ジャスダック、東証二部とストップ高で1日10%、20%はたまた30%も上昇する銘柄が連発している。

これはアベノミクス第二の矢、第三の矢と外資が仕掛けている状態である。

 

アベノミクスが実際に成功するかは関係ない。

仕手を仕掛けるストーリーさえ整っていれば、ある日突然、暴落するまでは株価を徹底的につり上げる。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。