2013
10.08
2

ダイニチ工業(5951)の株価が暴落。仕手株で物色される前に仕込めば儲かるかも!?

投資分析, 長期投資

ここのサイトで推奨していたダイニチ工業の株が暴落している。暴落理由は特にない。

チャートを見ると崩れている。

ダイニチ工業(5951)

株価チャートを見ると、財政の崖、米国債デフォルト問題で日経平均が大きく崩れ始めた頃にダイニチ工業株が暴落している。

2

気象庁の今年の冬予想は、寒波が強く雪が多いと言っている。

まだ気温は特別に冬を感じることがないが、仮に冬が相当に寒くなればダイニチ工業株は1100円まで上昇する可能性がある。

 

この下落の底は730円くらいだろう。784円の株価で配当利回りは、2.8%である。

PBRは0.57倍と純資産を割っている。PERは12倍と投資指標でみると割安感が高い。財務も安定し、増収増益である。

 

こういった銘柄がPBR1倍を平均で超えていることは今の日本株では滅多にない。そういう部類の株である。

だが割安なため、どこかで物色される可能性も高く財務と増収増益である限り、現在の株価も底堅いとみている。

 

投資情報であり、投資判断は個人の決定によるものです。

損失も利益も責任は当方にはありません。投資判断は自己責任で行いましょう。儲かるか損するかは日本株をやる限り博打です。

何度もこのサイトで掲載していますが日本株は2度と買いません。買わない方が絶対にいいと私は思いますが短期的に銘柄を狙うとすると過去の経験からダイニチ工業株をポートフォリオに組んでもよい時期が近づいているのではないかと掲載しています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。