2013
09.24
1

かつて保有していたハイパー(3054)の株が連日のストップ高。ガンホーを思い出すようだ

投資分析, 長期投資

1月の安部相場まっただ中で配当金も高く、財務も特に問題ないだろうと買っていたハイパー株。

450円程度で買っていたが500円もならずに処分売り、業績予想も期待できず、財務も特別に良くなかった。アスクルの事務用品代理店などやっているが競争も激しく特に儲かるわけでもない。

秋葉原発の会社であるがパソコンを安く売るのも円高が終わり限界。メリットがないと思い処分売りをしていたが、8月まで泣かずとばすでずっと推移してきた。

 

相場額すれるとさらに下落する恐れの方が高いと判断したハイパー株であったが最近は連日のストップ高であっという間に株価は2倍以上になった。

明日もストップ高かもしれない。

 

株式会社ハイパー(3054)

何故この株が今もこれだけ上昇しているのかは理由は分からない。完全に新興株の仕手物色で不発弾を拾われている感じがある。

まだまだこの様に業績も関係なく、仕手株で上昇していないからと循環物色であっという間に投機的に上昇する可能性がある。

1

 

さすがに買って手放して儲けてもいないがかつて保有していた銘柄がこれだけ上昇するとちょっと悔しい。底堅く推移していたし、まさかこのタイミング(5月ではなく)爆発的に上昇するとは想定外過ぎた。

 

この他にもいまジャスダックやマザーズの銘柄物色が激しい。

特に業績は横ばいでも悪化していなければ仕手循環で上昇もしていない銘柄を拾う傾向にある。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。