2014
01.22
スクリーンショット 2014-01-22 6.20.45.png

JPX日経インデックス400は儲かるのか分析。儲かりません

投資分析

今年からスタートした新しいインデックスである、JPX日経インデックス400のチャートを見てみると、インデック採用銘柄を発表してからと実際に1月からスタートした指数をチャートで見ることが出来ます。

 

このチャートで株価動向を見てみると、かなり割高にインデックスがスタートしていることが明らかにわかります。

スクリーンショット 2014 01 22 6 20 45

銘柄を構成し、インデックスを作ると公開される前の8月30日の構成銘柄の指数を10000とした場合、スタート後、12000ポイント位あります。

単純に20%割高に構成銘柄は作られているわけです。

 

実際JPX日経インデックス400はスタートしてから日が浅いですが株価は高値に寄り付いたたまです。

既に多くの国内証券会社ではインデックスファンドを作成し、売りまくっています。日本人は投資信託やインデックスファンドが好きです。

この日経インデックス400については、インデックスへ投資をしているから安心であるとNISA口座を利用し、買っている個人がほとんどですが、プレミアを払い過ぎて購入してしまっているため、利益を得ることは難しいと思われます。

 

長期的には含み損を抱える可能性の方が高いです。

JPX日経インデックス400については、半年、1年と経過を見て行きたいと思います。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。