2013
03.29
GSユアサ株急落

GSユアサ株への投資を検討

投資分析

GSユアサの株が下落した。1日で最大17%の下落まで暴落した。

これがGSユアサの供給量が多い国内の三菱自動車に利用されているバッテリーに問題が見つかったためリコールとなったためである。

GSユアサは国内バッテリーでは最大手であるが、2ヶ月前にもボーイング納品のバッテリーに問題があったと株価を低迷させていた。

GSユアサの株価の動き

GSユアサ株急落
今回の問題は、売上高のシェアが大きい自動車の問題であるため、収益を大きく下げる恐れがある。

問題が発生した三菱自動車の株価も4%程度下落した。

 

今後これらの問題が一時的に収益に影響したといしてもGSユアサのバッテリーを国内自動車に利用することは不変であるだろう。それだけ大手のバッテリーメーカーは国内では三洋電機しかない。三洋電機は買収されたため、パナソニックとなる。

それ以外のバッテリーとなると国内の企業をやめて、中国のバフェットが投資しているBYDへの切り替えだろう。

つまり、選択肢がそんなにない独占された市場なのである。

 

いま日本株に投資をするならば、GSユアサ株への投資がいいだろう。最低投資額は、40万円から行うことが可能だ。

若干、仕手っぽい銘柄となっているため、信用買い残と売り残がものすごくたまっている。この売り残を踏み上げにさらに上昇する可能性がある。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。