2013
05.23
64e794332f7925c64a24ec9071b9fa8b.png

長期金利が1%上昇し、日経平均株価は1日で1143円の暴落

投資分析

日経平均株価が1日で1143円も下落した。長期金利も急上昇し、1%を超えた。今後も長期金利の値動きは激しくなるに違いない。

スクリーンショット 2013 05 23 20 01 25
為替も1.7円の円高と急上昇した。ダウ平均は80ドル安にしかならなかったのに日経平均はここまで下落するとは誰も予想しなかっただろう。

予想しなかったからこそ暴落したのだ。誰もが予想していたら暴落などしない。

 

今日の日経平均は、これでも午前中は200円以上の上昇をしていた。前日も日経平均は220円も上昇していたのだ。この下落は想定外であっただろう。

低位株が特に下落

スクリーンショット 2013 05 23 19 59 53
時価総額が大きいトヨタ自動車などは5%程度の下落であったが、最近まで好調であった低位株や新興株の下落が目立った。

いままで株価の上昇を利益を増やしつつ、持ち続けていた人は、ここらへんで利益を確定しても儲けは十分あるだろう。全然、痛くも痒くもないのである。

だが短期売買で株やFXを転がしていた人は相当に痛い思い押していることだろう。

 

株やFXなど所詮パチンコや競馬などのギャンブルのようなものだ。コツコツと少額儲けて喜び、散財し、ある日ドカーンと大損する。

このコツコツ儲かるからこそ株やFXをやめない個人投資家が常に生まれてくる。

このバブル的相場の中、まだ学生投資家がデイトレで2億円儲けたとかという話は一切出ていない。過去のブログや書籍は嘘ばかりであることがここでも証明されたようなものである。

長期金利がヤバくなる

今後は、長期金利が投機的に揺さぶられるだろう。日銀は想定外に冷や汗をかいて維持しようと努力するだろうがいよいよ外資系に国債を売り崩される日が来るだろう。

日本の国債はここからもっと暴落する日が来るだろう。そして長期金利は3%を超えるだろう。

住宅ローンを抱えている人は変動金利で地獄である。

 

その時まで短期国債を狙って買い高金利を得るのもいいだろう。だが、長期金利はもうだめだ。

日本はわずか半年間の短期バブルを生んだだけで、長期金利の上昇など財政的に大きな悩みを今後抱えることになる。日本はますます増税するし苦しくなるのは間違いない。

だが、安倍政権は選挙の時期まで十分、景気回復を演じた。これからはターンが変わる。

 

自民党の大増税と原発再開、TPPで農家が苦しむ時代の幕開けである。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。