2013
11.22
2

為替が101円突破。ダウ平均の大幅上昇でシカゴ日経平均先物の終値15575円!!

投資分析, 為替

今日は、ダウ平均も為替も凄まじく上昇している。大台を突破しているところが凄い。

ダウ平均は、108ドル上昇し、16009ドルと大台の16000ドルを突破し、終了している。為替はあっさり半日で1円の円安となり101円になった。

日本銀行が政策方針の現状維持を決定した一方、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録が数カ月以内の緩和縮小を示唆したことで両国国債の利回り格差が拡大。

2

ダウ平均と日経平均の比較チャート

ダウ平均に日経平均の伸びが若干、追いついていないのでまだまだ上がるだろうとここのサイトで記事にしていたが本当にそうなった。

下のチャートだと、ダウ平均に日経平均が昨日の段階で追いついた形となっている。

 

だが、本日もダウ平均が大幅に上昇し、為替も急激に円安になっているため、日経平均はそろそろ5月の最高値を更新しそうである。

3

実は、最近の株高で日本株を買わないと言っていた自分であるがデイトレードをして儲けたのである。

値上がり率上位に食い込み、1日25%以上も上昇するような銘柄を狙い、15%くらい上昇しているのをもっと上がるだろうと途中で買いに入るやり方である。

 

これがいまの相場では素晴らしくうまく機能する。

時価総額の上位銘柄が1日2%、3%の値動きを満足しているのが馬鹿らしいくらい数時間で10%など簡単に儲かってしまう状態だ。

今日もこの相場の流れは変わらないだろう。

 

値上がり率上位銘柄のストップ高に張り付く前に買って、ストップ高少し手前で売りの指し値をしておけばよい感じだ。

変にボロ株などを割安と投資する時期ではない。

 

とにかくストップ高銘柄を狙う。市場としてはマザーズやジャスダックになる。

シカゴ日経平均先物の終値

1

シカゴ日経平均先物の終値は、15575円と昨日の引け値を大幅に上回っている。

今日も300円程度の上昇となりそうである。日経平均は今月になり、あっという間に1500円以上も上昇しているが異常事態でも何でもない。

 

日経平均はもともとボラティリティが大きい。通常運航である。

いまの上げ相場で上がりすぎ、日本株異常とか、年末には証券優遇税制が終わって下がるとか言っている人は株なんて辞めた方がいい。

下手なやり方だ。

 

いまは空売りするべきではない。買いも買い。ジャスダックやマザーズの凄まじく上昇する銘柄狙いだ。

業績を上方修正し、株価が上がっている銘柄もなお良し。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。