2013
08.15
1

決算下方修正で減配のグリーがまさかのストップ高か!?

コラム, 投資分析

8月14日に決算発表し、16円も減配し、年間配当は14円になり、営業利益も200億円まで収益が下がってしまったグリー。

通常ならば、いやこの夏の決算相場でもこういった銘柄はことごとくストップ安もしくは10%程度の投げ売りで苦しめられてきたが、そこは株式市場。理由もなく上昇したり、下落もします。ストップ安確実と思われていたグリーですが、まさかのストップ高です。

19時5分現在で買いが多すぎて値がつきません。

それでも見せ板は激しくチカチカ動いています。とんでもないお盆休みとなりました。結局の所ストップ高か?と見せ板では思えますがこれが高速売買の真骨頂インチキ東証システム炸裂です。

3ストップ安と思わせつつ、寄りつきにストップ高かと思わせ9時5分。

その5分もしないうちに急に買い注文を急減させ9%高くらいで寄りつかせます。その後は高速売買がすさまじい勢いで見せ板をチカチカ出し入れを半端じゃない回数が炸裂します。

個人では見せ板をすると相場操縦とかで逮捕ですが機関投資家や外資系の高速売買プログラムの見せ板は問題ないと東証も宣言しています。

絶対におかしいよ。日本の株式市場と思いますが、これが現実です。

 

個人投資家は、高速売買プログラムの餌食になり、パチンコ屋にお金を回収されるように株式市場から合法的に資金を奪われる構造が明らかです。

しかし、今日のグリーの出来高はすさまじい勢いで成立していきますね。夏枯れ相場?お盆休みなんて勝手に

株式の新聞やネットニュースで個人に植え付けているイメージでしかありません。全然、勢いがない相場とは思えない出来高です。

2今年のグリーの相場は、アベノミクス相場も関係なしにずっと下落してきました。それが下方修正決算を発表し、材料出尽くしとアホみたいに買われているわけです。

株を上げるのも下げるのも機関投資家のレポート次第。外資の高速売買で何とでも自由に相場操縦し、個人からお金をむしり取ります。

今日のグリーの売買出来高や見せ板を見ていると高速すぎます。目が追いつかない。

個人はもう株なんて近寄らない方がいいと思えるような状況です。

 

場中はこんな感じで、売買をすさまじく成立させ、自分たちが株を凄い勢いで集めていきます。

集め終わったら、終値近辺、つまり後場で一気に空売りを締め上げるようにストップ高くらいの買いをぶつけて無理矢理売買不成立にして株価を押し上げてくるのかさっぱりわかりません。

やってることは仕手株相場です。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。