2013
09.12
3

東証2部のくろがね工作所(7997)は仕手循環物色の最後に来るぞ

投資分析

ボロ株のくろがね工作所、PBRの1株純資産だけ何とか高いが何年も赤字決算で財務は厳しい。机と言えば、くろがね工作所よりもイトーキの方が圧倒的に強い。

そういえば入学時期になるとランドセルやキャラクター机などを販売して利益を出してきたこういった銘柄も、中国製の安い家具に押されて厳しい状況であったが、最近はニトリやIKEAなどでも学習机はいくらでも安く売っている。

子供用の学習机にくろがね製作所で10万円以上出すという時代でもなくなってしまった。

ランドセルだってイオンがプライベートブランドのPBでトップバリューで売る時代である。

3

そんな何もかも材料がない銘柄であるが仕手株の循環物色の最後に急騰したりする。

最近はめっきり、くろがね工作所は落ち着いている。もしかしたら、東京オリンピック開催決定からの仕手株物色から循環の順位が回ってくるかもしれない。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。