2013
05.01
123

東芝テック(6588)の13時半の決算発表後の様子

投資分析

東芝TECの場中決算発表は悲惨であった。

決算は13時半に発表される。15時から決算を発表する企業が多いが、いまだに午後の場中に決算を発表する企業も多い。トヨタ紡織、武田薬品工業なども場中で決算を発表する。
123いままでの自分の経験から、午後の場中に決算を発表する企業は発表後に急落しやすい。1月末のトヨタ紡織は、この東芝テックよりも暴落はひどかった。朝から7%以上も上昇しての下落であったからだ。

そして、場中の決算発表は必ず、発表の5分前は上昇する。もしや決算情報が漏れたのではないかと思うほどである。

しかし、発表後の下落は非常に早い。株価ボードを見ていると10分もしないでどんどん株価は下落していく。これだけ早いと逆指示値のプログラム売買が追いつくかは微妙である。だが、場中決算は本当に危険だ。

上のチャートを見ても出来高が決算発表後から特別増加していることがわかる。

場中決算に空売りをしてみたらどうか

場中に決算を発表する企業が大幅に上昇するのをめったにお目にかかったことがないし、上昇しても15時の引けまでに相当売り崩されて上昇が消える。これこそ空売りするには確率が良い状況に思える。

決算は赤字で暴落するのではなく、良好な決算でもアナリスト5人中、3人の予想に達していなかったなどでストップ安になる状況である。

これが株の決算時期の怖いところである。減収減益で下落するなら納得できるが、増収増益でストップ安となることがある。こういったことはいくらでもあるし、別に有名な大企業だけがこうなるわけではない。

決算情報を不正入手する

決算情報を場中に先に取得する方法が問題と日経新聞にも掲載されたことがあった。

会社のIR情報には決算発表時刻と同時に更新するため、リンク先は同時時刻に張り替えるとしても決算短信のPDFファイルは既にホームページ上にアップロードし、隠している状態であることが多い。その隠しているPDFのアドレスも容易に予想がつくような日付だけが違うようなアドレスだったりする。

このため、そのURLを予測し、ある程度を巡回するプログラムを仕込んでおく。こういったものはWWWCといったフリーソフトで昔から存在している。

これで素早く情報をインサイダーで取得し、株の売買で儲ける問題があるといわれている。いまもこれはあまり改善されていない気がする。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。