2013
07.02
1

本日の株価の動きを予想

投資分析

7月に入り、株価は空売りよりも買いの雰囲気が強くなっています。

この動きは6月の最終日2営業日から始まっています。実際に自分もこの間、空売りを仕掛けたりしており、ギリギリ損失なしで、微増をすることが出来ました。(最終日だけの話)

上海市場の下落で午前10時~11時の値動きには激しいものがあるものの、いまはどちらか値動きが迷っているもみ合いタイムを過ぎると、一気に上昇してくるパターンがあります。だから、空売りは避けた方がいいです。

ダウ平均と日経平均の比較

最近の両チャートの比較をすると、ダウ平均が急回復する反転相場に日経が後追いで追いかけている感じがよく分かります。

そうなると、今日の日経平均はダウが上昇しているため、午前中は高く寄りつき、上海市場を警戒し、午前の取引は終了。

午後はダウのGlobexを警戒し、為替動向を見つつ、動きそうです。

1

という感じで今日は仕掛けるのは超難易度が高い日です。短期売買なら、やらない方がいいです。休む日。

ダウ平均の一日の値動き

ダウ平均も後場に急落していきます。1日の利益のほとんどを失っていきます。このチャートの動きは日本市場の日中を想像させるような似たような値動きになっています。かなり、相場に迷いがある状態です。ちょっとした誰かの発言で株価は上下しやすいですし、発表される経済指標でも影響を受けやすいです。

2

しかし、大きく暴落することなく、調整の域にとどまるものと思います。

利益を取るのは難しいですが、損失も限定されるような相場になりそうな気がします。為替が99円を割らなければの話ですが。

シカゴ日経平均先物

100円高までいくのか微妙。80円高くらいで寄りつくのと9時15分までに一端ぴょーんと上昇し、9時半から上海警戒で売り込まれ、11時の様子を確認後、戻すかもしれません。

3

今日の相場は午前は比較的簡単にいきそうですが後場は全く分かりません。どちらかに株価が大きく振れるという感じでもないため、反転戻しもある程度の水準まで戻しているため、一端利食いで下がる可能性もあれば、さらに踏みあげる可能性もあります。

ここも先物主導で動きますから1分後には急激に動くという感じで株価は動きそうです。

 

個別銘柄は比較的、中国関連は警戒しつつ、内需関連は買われそうです。

キヤノンは配当権利落ち後でどこまで調整するかが注目点ですし、参議院選挙は自民党圧勝が予想されます。圧勝後に株価はねじれ国会解消とかで大幅に上がるかもしれません。

そろそろ相場に停滞感が漂ってくると仕手株物色が炸裂する可能性があります。

今のところ、仕手株が爆発を言う感じではないので、そろそろ仕込み時と行ったところでしょうか。

 

私は、買いませんし、売りません。本日もノーポジションです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。