2014
04.23
C778_konokane500.jpg

日経新聞は好調といえば株は下がり、どん底と言えば株価は上がると天邪鬼と話題に

投資分析

日経の記事は、株価と真逆になるとネットで話題です。

日経新聞では1面に百貨店やスーパーにアンケートを取り、1年後の収入を増収増益になると発表した企業が7割であったと発表しました。

消費税増税も影響はなく、景気はいいと判断し、日経新聞の内容を見て、個人投資家は信用買い残を増やしたようです。

実際に日経新聞の内容で信用買い残が増加するということはよくあることです。個人投資家の情報源ですからね。

 

でも、報道と実際の株価は真逆です。この記事の後も株価はどんどんと下がり続けます。

これに一番驚いたのがアベノミクス相場を作った安部首相本人であり、株価下落をどうにかしたいと日銀の黒田総裁といち早く会談を設けたそうです。

C778 konokane500

投資の格言にこういうのがあります。

「知ったら終い」

日経に情報が載るくらいだと既に株価に織り込み済みで、相場は次の情報を折込に行っているものです。

個人投資家は情報不足でも不利ですし、アルゴリズムの高速売買の餌食にもなりますし、どう考えても負けます。そして、証券優遇税制がなくなったので税金面でも不利ですね。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。