2013
04.08
1

日経平均3日で1100円以上上昇。為替は100円目前でも損失拡大

投資分析

日経平均は、3日間で1000円以上も上昇した。金曜日に買いと売りを仕掛けた銘柄は見事に損失を拡大している。

売りを仕掛けたトヨタ自動車と三井住友銀行は大幅に上昇し、損失を拡大。買いを入れていた武田薬品は、この日経平均が1000円も上昇する相場で下落。三井住友銀行と同じ動きをするだろうと読んでいたみずほは下落。上昇する幅が小さい。日中はマイナスであったが引けでかろうじて3000円のプラスとなっていた。

1買いは上がらず、売りは上がり、とんでもないこととなった。どれも保有は100株程度の最低単位株である。それでこの損失。

かなり、まずい。ロスカットしたい水準だ。このまま損失はあっという間に10万円を超えるかもしれない。別に10万円の損失が大きいわけではないが、こういう投機的なことをして、手数料と税金を払うと大幅に利益は少ない。何とも非効率なことをしている。

先月の広告収入は、66000円であった。毎月、広告収入を貯金するくらいの方が全然、3年、5年で見ても効率がいい。投資している金額が180万円だが通常は1800万円などで売買する。この金額でやっていたら、2日で損失は40万円近い。

個別銘柄はリスクが高いからと日経平均連動型上場投資信託を購入しても大底から2倍にすらすることが難しい。

 

投資なんてしないで貯金をしていた方が、10年、20年で見ても効率がいい。投資はせいぜい401K程度で抑えておこう。

最近、住宅ローンがなくなると節約と広告収入を得ている方がリスクもなく、とても良い感じだ。コツコツ儲けてドカンとやられることもない。

 

株なんてやらずにマリオとかやってコインたたいて他方が効率よかったなぁ。

だが、大衆が期待している方向の逆へ投資しつつ、このままホールドすることにした。買い増しも処分もしない。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。