2013
04.17
1

日経平均の押し目でトピックスブル2倍ETFを売買し利益確定

投資分析

昨日は、ダウ平均が90ドル安で推移していたがボストンマラソンの爆破事故でテロ懸念が発生し、大幅に下落した。ダウ平均は260ドルも下落し、為替は円高となった。ボストンマラソンは長期的要因ではないため、絶好の買いタイミングであると見ていたが、調整は長くなく、15時の引け近くに買おうと狙っていたが、そこまで下落することはなく、午前の安値から午後は一気に回復してきた。これはまずいと12時半に買いを入れた。

日経平均の一日の動き
1

いま日本株は相当に買いが強いので良い押し目があれば積極的に買いを入れたいところだ。今日は、ソフトバンクの買収にさらに高値で横取りしようという動きが出たため買収に増額懸念が発生し、ソフトバンクは9%も下落した。

このため、今回の大平均の大幅安ではソフトバンクを購入しようと思ったが、個別株の売買は当たり外れが大きいため、避けることとした。

この日はトピックスが日経平均よりも売られていたため、トピックスブル2倍ETFを50株買った。

強気で買う水準でもないため様子見で50株と買う数を減らしつつ購入した。

ソフトバンクの1日の動き

2

ソフトバンク株の一日の値動きは激しかったが翌日、ダウ平均は一気に半値戻すこととなったがソフトバンクは弱いままであった。日経平均が160円も上昇したにもかかわらずソフトバンクは1%しか上昇しなかった。


本日の売買利益

3今日も三井住友は大幅に上がっているのにみずほはかなり弱かった。メガバンクなのに大幅に差が出ている。

メガバンクと言えば、三井住友フィナンシャルグループが最も強い。

自分はトピックスブルを買っていたので朝のシカゴ日経平均先物の価格を見て日経平均の寄り付きが予想できる点がいい。朝起きたときには今日は儲かって利益確定できるとワクワク出来る。個別株だと平均値が上がってもどうなるかは読みにくい。

4朝の寄り付きから非常に早く利益を確定したので自分の利益は1日でこれだけであった。さらに下落する可能性もあったため、買いの数も大きく取らなかった。

12時半での日経平均は横ばいであったが引けに大幅に上昇し、130円でうろうろしていた株は160円高で終了した。

だが、なかなかそこまで保有していられないのがいまの相場である。


中国関連株が暴落

中国関連や資源株が下落している。世界的な需要が減速するためと言うことで海運、商社、鉄鋼などは安い。三井物産などは鉄鉱石で儲けているので大幅に下がっている。しばらく中国関係は勢いを取り戻せないだろう。中国は景気減速し、株価はもっと低迷すると思う。自分はそこを期待しつつ、買いを狙っている。

金の価格は中国減速で10%も下落したがまだまだ割高で買う気にはなれない。

14000円くらいの利益でした。

保有株はありません。さらに短期売買をすることなく、しばらくタイミングを見て様子見します。

コメント

    • 投資敗者
    • 2013年 4月 23日

    夢中になって読んでいます。ど素人なので、こういうことだったのか!
    と感心しております。次の記事が、楽しみです。
    ちなみに、評価損拡大中です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。