2014
11.07
スクリーンショット 2014-11-07 6.11.16.png

日本株の値動きが荒くなってきましたが高値横ばい、円安をキープしていくでしょう

投資分析

日本株の動きが激しいですね。

機能は144円しか下落していませんが寄り付きは17000円であったため、後場開始から13時15分の間で見ると、あっという間に16750円まで下落しているため、250円以上も値動きが有りました。下落は大きくありませんが価格の変動は急で激しいです。この動きにハイレバレッジで信用取引をしている人は痛い思いをする訳です。

スクリーンショット 2014 11 07 6 11 16

為替も115円突破してきました。しばらく円安になりますがその後は横ばいで張り付くのが長期化すると思います。しばらくは円安が継続すると思われます。

株主優待を目当てにいまから株に参入するのは時期が悪いですね。証券会社の取引量も前年比で大幅に減っており、証券会社の利益も大幅に下方修正しています。

 

いま株の売買をしているのは個人でも短期売買を転がす投機的な投資をする人で、一般人は貯金から投資といいますが株へ投資しようという人は減りましたね。本屋でも株の本は落ち着いています。ライブドアショックが発生した時のような勢いは無いですね。

多くの人がお金を投資に大きく回せるほど持っていない現実が有ります。年々、厳しい状況ですが増税は間違いないでしょう。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。