2014
02.13
スクリーンショット 2014-02-13 23.06.31.png

既に夜間取引は200円安。明日の日本株は更に下落する予感

投資分析

米国市場はまだスタートしていませんが既に先物市場は大暴落。日経平均は日中に265円も下落しました。夜間ではさらに200円の下落が進んでいます。

1月末の株価調整は16000円から14000円まで進みました。

その後半値戻しで15000円近辺まで戻した後、トレンドの方向感がつかめなくなりました。休むも相場といえるくらい明日はどちらに株価が動くかわからないという状況が続いています。

スクリーンショット 2014 02 13 23 06 31スクリーンショット 2014 02 13 23 06 57

為替も急激に円高に推移しています。

このままでは明日も日本株は下落するような気がします。ポジションを取るには非常に厳しい状況が続きます。無理をして短期売買をする必要がない人は、積極的に休みましょう。現金こそ最大の安心です。

 

信用取引でレバレッジを高めたり、インバース指数で日経平均の2倍、3倍の値動きをするものを信用取引で2倍、6倍としている人は速攻で退場する可能性があるのでレベレッジを下げる必要があります。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。