2013
02.27
丸山製作所仕手

仕手株の丸山製作所3連騰、3日で株価3倍

投資分析

今日も仕手が強い一日であった。日経平均が260円やでも全く関係ないストップ高で張り付く銘柄が続出している。かねてから仕手株として成長するだろうと宣言していた丸山製作所は、本日も大幅上昇した。170円程度であった株価は3日間で2倍まで成長している。

この他にも今日は日本配合飼料がストップ高となっている。相場が横ばいとなる中、仕手株が春の筑紫のようににょきにょきと跳ね上がってきている。仕手はいま循環している。今日は農業関連、明日はバイオ、次はソーシャルゲーム、そして新興不動産など物色対象はラインダムに物色されている。

仕手狙いで相当にうまく短期売買をして、運良く勝ち馬に乗れている人は、あっという間に資金を10倍、20倍に膨らましていることだろう。長期投資では一生日本株に投資してもこうはならない。株で儲けるならば仕手狙いをするしかない。

 

丸山製作所の仕手株3日目

丸山製作所仕手
丸山製作所の仕手株でここまで出来高が上昇したことは過去ない。そろそろ上昇は一服し、横ばいをするだろう。その後、急落し、空売りを誘う流れになりそうである。ここら辺で過去の経験上、空売りを入れておくと儲かるが、仕手の空売りは丁半博打。裏目に出たら、ストップ高の損切りを余儀なくされる。

 

日本配合飼料

日本配合飼料仕手株
日本配合飼料も過去、何度かして株になっている。TPP関連の農業物色で仕手発動である。株価は200円を超えると一気に値幅制限が大きくなる。ここら辺まで一気に仕手株として成長するかが見物である。

 

新日本科学

3
最近の仕手常連は、新日本科学である。バイオ関係は日本人でノーベル賞となったため、物色意欲が強い。この他にも東日本大震災後は、建設関係で仕手が増加した。いまは農業関連である。もう数ヶ月は、農業の仕手株が勢いを持つだろう。

 

この様に株式投資というのは、投資という名の投機である。つまりギャンブルだ。このギャンブルに勝つものが大儲けできる。若いうちはお金を貯めて仕手で一発ドカーンと当てないと、その後も資産を大きくする土台ができない。最初からコツコツ長期投資してても何もならない。

昨年度、6月ぐらいまではガンホー株は15万円であった。それが6ヶ月で1株300万円である。つまり、20倍になっているのである。こういった銘柄を生涯で1度か2度当てなければお金持ちにはなれない。時価総額上位の株をコツコツ、安いときに仕込んで保有するやり方は、少額資金ではナンセンスである。

 

丸山製作所売り禁止

丸山製作所は、新規の売り買いが禁止された。空売りはできない。信用買いもできないため、この加熱はそろそろ横ばいに突入するだろう。今から買いに入るのはもう遅い。この銘柄はもう祭りは終わったのである。
日々公表銘柄
2013/02/27
新規売停止(公的)
2013/02/26
現引停止(公的)
2013/02/26
申告規制
2013/02/26

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。