2013
08.09
1

今日の日本株の予想。個人の空売り増加を踏み上げるように先物誘導で大幅上昇か?

コラム, 投資分析, 為替

今日の日本株の予想は、昼間の日経平均の値動きも凄まじかったが15時以降の夜間取引も凄まじい。携帯電話に地震速報が誤報で飛んだのも先物や為替に影響を与えた。

1 

大証の先物を引け後から見てもこれだけ上下している。値動きがかなり激しい日本株である。

2

シカゴ日経平均先物を円建て修正すると、44円プラスである。昨日あれだけ下がり、今日は強烈に午後から上がる可能性がある。

3

ダウ平均と日経平均を比較すると、ダウ平均の値動きは激しくない割に日本株は激しい。

だが自分は、ボックス相場の中にあると思っている。範囲は13300円から14400円だ。

6

先週、先々週の動きは、ここから為替が再び100円を目指し、凄まじく円安になった。これにあわせて日本株も急激に先物主導で上昇したのである。

ボックス相場の域を出ないとするならば、ここらへんで意味もなく、どんどん上昇する可能性がある。場中で買わせも円安に動きやすいだろう。

理由?

そんなものはない。先物誘導で動かすヘッジファンド、高速売買可能な東証。それに動くアルゴリズム取引がこの急激な値動きの激しさを作っている。

売買代金は2兆円以下になるとこの傾向はとても強くなる。

重要指標の発表など、今のところ特に大きな材料はない。だから株価も為替も動かすのはアルゴリズムだ。

4

アルゴリズム取引なんて、ノーベル賞をとる数学者などが集団になって開発するクオンツ集団である。そんな理論私が分かるわけがない。が経験上、この相場に浸っていると長期的に死ぬ。

日本株は10年に1回しか上がらない。これは過去20年間で見てもはっきり言えることだ。

それ以外の9年間は、どこで買いを仕掛けて長期保有していても必ず含み損が出る。配当金も焼け石に水だ。

そして、長期的にずっと日経平均の高値ブレイクアウトのポイントが下がっている。第一次安倍政権では18500円まで回復した。

第2次安倍政権は5月の15900円で終わりだ。日本株はこのブレイクアウトを超えられない。

これはどんどん下がる傾向にある。それだけ日本の財政は本当に終わっているのである。

 

増税や消費税で国民生活は、まだまだ相当に苦しくなるだろう。そんな国が株価が上がるわけがない。

7

長期投資するなら、米国株のインデックスなどだろう。だが今は高い。

QE3が終われば世界のどこかで不安定になり、何らかの暴落が始まるだろう。それは致命的ではなく、いい買い場になる。

 

今日の日本株は、急激に上げてくる可能性がある。そして、個人の短期売買はまたまた死ぬ。今日の日経新聞では個人の空売りがリスク回避で増加していると掲載されていた。

踏み上げられるわけだ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。