乾汽船ストップ高、オイシックス寄りつき上昇

コラム, 投資分析

先週、予想したことはほぼ当たりました。乾汽船など海運が過去、仕手の常連でしたがこのアベノミクスではまだまだ勢いがない買っても問題ない水準にあると書いた翌日、乾汽船が30%近いストップ高。本日も7%高で終了しました。

 

新規上場するオイシックスは、寄りつきで買えば、数分で利益が取れると書きましたが、寄り付きで買えば、10%くらいを短期売買で儲けることが出来ました。

 

その後、タンカーがストップ高になったと思ったら、イオンに買収されるとダイエーがTOB価格の思惑でストップ高30%とは、驚いた。特にダイエーは割安でも収益が良いわけでも配当が出るわけでもない。しかし、仕手株の思惑でストップ高である。

毎日、仕手の日々である。個別の時価総額上位の株を狙っても全然、儲からない。仕手を1回当てれば30%も資金が増える。

いぐる

個人投資家で40代独身、実家住まいで公務員でもあり、仕事が忙しくないため、資金の全額を株式投資し、トイレで売買するスマートフォントレーダーのいぐる氏の最近の動向は、資金が5000万円まで信用二階建てで東京電力の東日本大震災の渦中、空売りをめいっぱい掛けて、5000万円まで資金を膨らましたが、その後の仕手株の失敗で400万円をうろうろするまで資金を減らしてしまった。

300万円台に突入するかと思えば、相場が日本株全体が強く、買いで400万円台まで回復してきた。

それが先週末になんと、200万円台に突入しそうなくらい大損をしている。仕手の仕手、地盤関係の仕手株に手を出して、大失敗。複数ある仕手株は、毎日、ドッカン、ドッカン上昇している。どれか一個でもラッキーで買えれば大儲けである。それが裏目に出た。いきなり大損である。

仕手株はストップ安にもなる売る。ストップ高を空売りしたのかは分からないが・・・。

とにかく、このアベノミクスで行け行けドンドンの相場の中、資金が枯渇しそうなくらい大損している。

 

そろそろ、いぐる氏はさらなるハイレバレッジのオプションや先物で一発逆転を狙うらしい。4月上旬にはニコニコ動画で生放送もするとか、今注目の無名個人投資家である。雑誌では特集されないが2ちゃんねるでは最注目である。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。