2014
11.13
スクリーンショット 2014-11-13 6.30.16.png

ワタミが決算を発表。過去最高の赤字が止まらない!102店舗を閉鎖を発表

投資分析

ワタミが業績不振で102店舗閉鎖です。

 ワタミ10年間の株価チャート

スクリーンショット 2014 11 13 6 30 16

居酒屋チェーンのワタミ。2013年にはブラック企業大賞を受賞するほど筋金入りのブラックとして日本全国に名前の知れ渡る存在ですが、主力である居酒屋「和民」の不振を受けて大規模な店舗閉鎖に追い込まれています。
11月11日に発表された9月中間連結決算では最終損益が前年同期の5億円の黒字から41億円の赤字に転落。営業損益も前年同期の24億円の黒字から10億円の赤字となりました。
こうした中で主力事業である居酒屋「和民」が不振で不採算店舗が増加、全体の15%に当たる102店舗を今年度中に閉店する事態となりました。来年3月の店舗数は554店舗となる見込みです。
赤字転落の原因としてはこの他にワタミの手がける介護事業、宅食事業なども大幅減益となったことが響いています。
和民は2008年に入社からわずか2ヶ月の女性社員が月140時間という苛烈な時間外労働の強制により自宅マンションから飛び降り自殺し、「時間外労働で適応障害を発症したのが原因」として労災と認められた事件が非常に有名。これに対し当時の会長であった渡邉美樹現参議院議員が謝罪をせず「労務管理ができていなかったとの認識はない」としたことから大きな批判が集まりました。
こうした悲劇はこの後も繰り返し報じられ、「365日24時間死ぬまで働け」「営業12時間の内にメシを食える店長は二流」などと劣悪な労働環境を正当化するような訓示の存在などからも全国的にブラック企業のイメージが定着していきました。

http://news.livedoor.com/article/detail/9458325/

 

一言で言うなら、創業者の社長があまりにもマスメディアに出すぎていたのが叩かれた理由でしょうね。

未上場ではこんな労働環境のほうがざらに多いわけですから。ワタミ云々よりも日本全体的に労働環境を法令遵守している会社が少なすぎるところをどうにかした方がいいと思います。フランスとかそういう点はよくやっています。

 

日本人は死ぬまで働けっていう第2次世界対戦チックな考えが未だにあるのが問題です。先進国の労働環境というよりも発展途上国の労働環境なわけです。

幸せになれない国、日本。弱者はワンマン経営者に奴隷のように使われます。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。