2014
07.11
スクリーンショット 2014-07-10 20.41.00.png

ユニバーサルスタジオジャパンは、ハリーポッターを作り、来年夏に上場をしたい考え

コラム, 投資分析

最近の株高で株式の上場が増えてきていますね。利子の付かない転換社債による資金調達も大手で増えています。

まぁこういう時は株価は既にピークであり、投資をするには全然、いいタイミングではないのですが、NISA口座は高齢者の世帯で増加しているようですね。

 

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)を運営するユー・エス・ジェイ(大阪市)は、来年夏にも東京証券取引所第1部に株式を上場する検討を始めた。数年内に計画している新パークの建設などに向け、市場からお金を調達する。

スクリーンショット 2014 07 10 20 41 00スクリーンショット 2014 07 10 20 41 25

日本株は、長期投資には全然向いていませんね。

日本人の一部高齢者しか株式投資に資金をたくさん突っ込んでいませんし、持ち株をやっていてもバブルの損を塩漬けという人もいます。

 

外国人投資家が日本株を積極的に売買していますが、多くはヘッジファンドであり、短期的に仕掛けて合法的に日本人から資金を搾取します。

長期投資をするならばバフェットが投資をする米国株へ投資をするほうが長期的には日本株よりも幸せになれると思います。

 

消費税が10%にならないならば、短期的に金利が急上昇する可能性があると言っていますが日銀が無駄に金利ゼロまで下げていますから、国民的には貯金をしても全然、利子がつかない状態です。どうせ破綻するなら利子ついた方がいいですね。

 

しばらくしたら、外貨にしておけばいいわけです。

またまたゴールドが人気化するかもしれませんが今は既に割高です。ガソリンもめちゃくちゃ高値になっています。1リットルレギュラー200円を超える可能性はありえると言えます。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。