2014
03.14
スクリーンショット 2014-03-14 6.09.57.png

ダウ平均はウクライナリスクで暴落。FX主婦は大損で引けに引けない戦いをしている

投資分析

今日のダウの終値は、久々に200ドル以上の下落で終わりました。終値は231ドル安。

為替は一気に101円台まで円高が進みました。FXでハイレバレッジをしている主婦が夫に言えず、引けに引けない戦いをしているという話も聞きます。

もうアホかと・・・。

スクリーンショット 2014 03 14 6 09 57

シカゴ日経平均先物は一気に300円以上も下がっています。

再び、14380円まで一時下落しました。中国の景気減速と、ウクライナの地勢リスクが警戒されていますが、所詮、12000円から17000円の範囲で動くボックス相場でしょう。

長期投資をしてもなんらメリットなさそうです。

スクリーンショット 2014 03 14 6 10 07

ダウ平均と日経平均を比較したチャートです。

中期で見ると、ほとんど同じく上がるときは上がっていますが下がるときは一緒に下ります。しかし、日本株のほうが常に価格の変動が激しいです。

それに今年になってから、ダウ平均よりもパフォーマンスが明らかに悪いです。

スクリーンショット 2014 03 14 6 10 35

消費税がいよいよ来月から増税ですが、これは株価には悪影響でしょう。

日銀がさらに量的緩和をするのかということですが、そろそろ打つ手はない状態にはなっています。不動産価格は相変わらず、一部地域以外は下落し続けています。

賃上げなどと言っていますが結局は増税。大手の正社員だけが賃上げに一部なっているだけで、恩恵は低そうです。

 

逆に超低所得層といわれる最低賃金を稼いでいるグループ、アルバイト、非正規などは少し、賃金が上がっているセクターも見られます。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。